TREK プロキャリバー9.6が壊れた?壊された?

とっても残念なお知らせです。

私の大事なプロキャリバー9.6のフレームに傷が入りさらに亀裂が発生している可能性があるとのことでした。

お店が写真をとり、保証が適用可能かトレックに問い合わせてくれましたが、残念ながら外傷による亀裂とのことです。

確かに塗装の擦り傷や凹みはありますが、これまでぶつけた記憶もなく、当たり前ですが転倒もありません。ぶつけた記憶というのは、大きな衝撃を与えるようなぶつけ方です。したがいまして、ちょっとした、コツンとぶつけただけで、カーボンが割れた?ことになります。

ちなみに、通勤にはほとんど使わず、そしてたまのツーリングのみで、大事に家につるしてありました。自分の部屋なので、だれかが傷を付けるリスクは0ですね

それでも、少し目を離す場面もありますので、完璧には自転車を監視できているとはいえません。だれかにぶつけられた可能性はありますが、その場合、その他の部分にもダメージが加わるはずですね。

写真のとおり、一番出っ張っているディレーラーに傷が全くありませんね。

だとするとだれか、鈍器でぶったたいたことになります。

私的には、やっぱりカーボンの品質不良のような気がしますが。駄目といわれればしかたありません。

そのかわり、20%オフにしてくれるのだとか。

安いのかどうかわかりませんが、定価売りのトレックにおいての20%引きは大きいかもしれません。

が、カーボンの品質と対応に疑問を持ち始めておりますので、購入にはちょっと躊躇してしまいますね。

来年は、DURAの12速が出そうだし。しばらくは静観しますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください