スペシャライズド ルーベ コーティング施工!

S―WORKSのルーベですが、新車の綺麗なうちにコーティングをしました。

自分は、几帳面ではないのですが、磨いたり綺麗にしたりするのが好きなようです。できるだけ綺麗な状態で維持したいので、とにかく最初にコーティングや保護をします。

今回は、S-worksの高級バイクで、しかも過酷なブルベで使用しようと考えておりますので、

ガラスコーティング

ザイモールワックス

プロテクションシール貼付

を施工しました。

ガラスコーティング

ガラスコーティングは、5度塗りを施しております。重ね塗りは、意味が無いとも言われておりますが、溶剤を余らせても仕方ないので、何度も塗り重ねました。

ちなみに、ガラスコーティングの映像はありません。取り忘れか、ファイルを無くしてしまいました。

ガラスコート剤は、ソフト99のgzoxリアルガラスコートです。

ムラになりにくく、素人でも使いやすいです。お値段も安いので、おすすめです。

ちなみ、自転車で使うため、少量のため、別ビンにとりわけ使用しています。余らせると破棄しないといけないのでもったいないです。ちなみに、A液が76mL B液が4mLですので、単純にA液を19mL、B液を1mLとし、使用しました。使用方法が正しいかどうかわかりません。真似をなさらないほうが無難です。

なお、コーティング前は、脱脂が必須です。かならず脱脂してください。脱脂後は、手で触るのも御法度ですよ。

ザイモール

 ザイモールのチタニウムグレイズでワックスがけをしました。高級天然ワックスで、実車でもその効果は、実証済みです。自転車にもザイモールでワックスがけをしております。

 ルーベは、つや消しで、カーボン素材が透けて見えるほど薄い塗装です。(おそらくクリヤーが拭かれていると思いますが)

 汚れに対して防汚性が高く耐久性も高いです。なにより水に濡れたかのような、つややかな感じに仕上がります。

手軽なので、娘の自転車にもコーティングをしております。

プロテクションシール貼付

ブルベで使用しますので、傷が入りやすいので、このプロテクションシールが必須です。

プロテクションシールをアマゾンで探していたところ、 ゼファールのプロテクションシールが候補に挙がりました。自転車界では、3Mのシールをはることが一般的のようですが、一度試してはみましたが、仕上がりが悪く外してしまいました。

このゼファールのシールは、ちょっと高いですが、ポリウレタン製の厚手のシールで、貼付していても、気泡が入りにくく、綺麗に仕上がりました。遠くから見れば目立ちません。映像でも、シールを貼り付けたところがわかりにくく、かなり気に入りました。高いだけあります。

傷が気になる方はおすすめいたしますよ。

まとめ

 一生買うことができない高級自転車ですので、できる限り汚れや傷がつかないよう、保護をいたしました。完全自己満足の世界です。綺麗になった自転車を見ると、なんだか気持ちが安らぎます。綺麗になった自転車や車を眺めながら、コーヒーを飲む。最高のひとときですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください