ドライバーはシャフトが大事

散財が止まりません。自転車購入費のために貯めていた500円貯金がどんどん無くなっていく。やばいです。

買い物は、楽しいから良しとしましょう。ストレス発散です。

私は、ネット通販が苦手で、リアルショップに行きます。リヤルショップといっても、中古屋ですが。。。

メインは、ゴルフパートナー(568)です。568には、プロに近い店員がいますので、アドバイスをもらいながら、クラブ選びに行っているところです。

でいつものように、アドバイスをもらいにいったら、おおむねプロ店員が特別なドライバーを奥から持ってきました。

かなりマニアックな仕様です。シャフトは、グラファイトデザインのP9003Xの8Xという、ほとんど市場に出回っていないシャフトです。超ハードなシャフト

ヘッドは、SIM2のMAXです。このシャフトとヘッドは、メーカーから直接購入したもので、ヘッドについては反発係数がギリギリのものらしいです。いわゆるツアー支給品(購入しているらしいから支給ではないそうです)。

エピックのスリーダイヤより希少性は高いです。

おおむねプロ店員としては、このスペックだとまだ柔らかすぎて、シャフトはTXじゃないとふけ上がってしまうとのこと。私のスイング、ヘッドスピード、パワーから、丁度合うのではとのことでした。いつものように苦手な鳥籠で試打してみると、曲がらないような気がしました。あと、8Xの割に硬くなく重くないです。

 支給品とか特別とか、スペシャルに弱いバブル世代は、ニヤニヤしながら、購入を決断。また、五百円貯金が目減りすることに。

さっそく、練習場で打ってみると、これが全く曲がりません。ミスヒットでも、曲がる気配がない。シャフトが硬いのでプッシュ気味な弾道はでますが、全く曲がる気配がありません。

 飛距離は、テンセイホワイトUSモデルの6SのSIMよりは低下しますが、それでも270~280ヤードは飛んでくれそうです。メガヒットしたときは、300ヤードも期待できそうです。

大変良いドライバーを購入することができました。

これで、SIMとSIM2の2つのドライバーで調子に合わせて、使い分けをしようかと考えております。ホンマのTW747とFP6は、柔らかすぎるのためお役御免です。冬までつかうことはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください