TW757 HONMAの新作

TW757を試打してきました。届いたばっかりで、ビニールを剥がすところからです。まだホンマのスタッフさんも打っていないとのこと。私が一番手でドライバーとアイアンを打たせて頂きました。なんか申し訳ない感じです。

TW757シリーズ
TW757B、TW757VX、TW757P
YOUTUBEからキャプションしました TW757アイアン

ホンマのマッスル、TW757B

今回マッスルバックは、フルモデルチェンジされたようです。

試打してみると、打感はTR20Bとかローズモデルに比べて、少し硬めになったような。マッスルってな打感はありません。

しかし、ロフト角が33度7番となり、飛距離は期待できるしさらには方向性が良くなったような。全然曲がりません。

私、マッスルが合っているのか、全然曲がる気配がありません。飛び系と言われるクラブだと、少し気を抜くとすぐに曲がります。飛ばない分曲がらないのかな?

このマッスル、ミスヒットに強いです。マッスルなのに、スイートスポットが広く感じました。相当な打点のズレがあると思いますが、まっすぐそれていて、まずまず飛びます。普通だと芯を外すと全然飛ばなくなりますが、このTW757Bは、ちゃんと飛んでくれます。

構造は、良くわかりませんが、3-7番は、タングステンネジとTPU樹脂なるものが入っているようです。8-Pは、軟鉄8620一体鋳造とな。これまでS20Cの鍛造だったような?鉄が変わってさらに鋳造????

TW757B、ホンマ

TW757B、タングステンネジ

軟鉄8620という素材は、やほーで調べてみました。

 一般的には、S20cとかS25cとか、鉄にカーボンが含んだもの、すなわちS20cだと炭素が20%入っているようで、カーボンの混入が多くなると打感が硬くなるとのこと。

S20cは、柔らかい素材なので、鍛造で変形させることが簡単であり、作りやすいそうです。8620と言う素材は、ニッケル、クロム、モリブデン鋼であり、20%の炭素が含まれるそうです。軟鉄にニッケル、クロム、モリブデンが入っているとかいないとか。よくわかりません。

とにかく柔らかい鉄であることは、間違いないようです。

 柔らかい鉄を鋳造で作ったということです。この素材テーラーのP790でも使われているようです。鋳造にすぐれた鉄なのか?よくわかりませんが。

 ネジとかTPU樹脂を入れるため鋳造にしたのかと。TW757Pもタングステンネジが入っているようで、さらにフェイス部分が17-4PLUSという素材?が使われているようです。

 マッスルバックが鍛造じゃなくなったということです。だから、少し打感が変わったような感じがしたんですね。

TW757VX

 このアイアンは、これまで通りS20cで作られた一体鍛造のようです。動画でも伝えているとおり、打感が柔らかく、打音も良い。

TW757VX

 ロフト角が30度(7番)ですので、飛距離が出ます。本給であれば170ヤードは出そう。しかし、飛距離はでますが、少し曲がりが強いような気がします。今回の試打動画は、調子が悪く右にでていました。

マッスルの方が曲りが少なかったですね。マッスルの構造ですね、鋳造でタングステンネジが入っていることで、方向性が高まったと思いますが、このVXは一体鍛造ですので、そのようなお助けがないのでしょう。

 TW747VXとほぼ変わらないような気がします。TW747VXの復活番ですかね。マイナーチェンジ?素人にはわかりません。どうなんでしょうね。

ホンマの新作アイアンまとめ

フルモデルチュエンジされたTW757Bが新鮮でした。これまでと全然違いますね。マッスルらしさがなくなりました。新しいマッスルアイアンですね。簡単になったマッスル。おもしろいアイアンです。

TW757VXですが、747VXと変わらないような気がします。747VXの新しいバージョンが欲しい人には、ぴったり。私のように中古主体のゴルファーは、TW747VXの中古で十分です。

購入するかって?うーん、すぐにマークダウンするすホンマは、ちょっと買う気がなくなる。価値が半額になるのであれば、安くなって購入するかも。今すぐ欲しいアイアンではないですね。

やっぱり三浦は欲しいと購買意欲を感じさせますが。。。。試打させてもらってこんなことを言うのはね。申し訳ないのですが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください