名取、福島土湯200kmブルベに参加 久しぶりの投稿

名取、福島土湯温泉往復ブルベ200kmに参加して参りました。久々2年ぶりくらいのブルベです。

自転車は、昨年購入したスペシャのルーベです。ブルベにでるということで,100kmほど走る練習していましたが、スペシャのルーベが抜群に良い。楽ちんです。

少しでも楽に完走できるよう、ルーベにしました。今回のブルベは、リアルフラットのため足馴らしとして出場しましたが、最後にキツいお仕置きが、、、、

往路

6時30分スタートです。ローソンから勝手にスタートしていくパターンです。名取りから、海岸線の近くを南下し、西に向かいます。仙台空港を超え、亘理、角田の街中を走ります。ほぼフラットで走りやすかったですね。

 知らない街を走るのって楽しいですね。

丸森から

丸森町からあぶくま川をの遡上していきます。このあたりは、令和2年の豪雨により、砂防ダムや治山ダム工事が盛んに行われていました。あぶくま川も狭くなっているところで、大雨が降ると水位がかなり上昇するようです。

福島風

山間のみちを抜けるとと福島に入ります。福島は平地でしたが、強烈な向かい風に足を削られます。

フラットなんですが、全然前に進みません。途中でやめようかと思うくらいの向かい風。突風ですね。

風速10m/S以上だと思われます。木が大きく揺れていましたから。

この突風で、あしはへろへろ。景色を見る余裕がありません。ももの花が綺麗だったような。。。。

土湯へ登る

福島の街を抜け、土湯へだらだらとした登りを。まず、それほど急ではありませんでしたが、西風で足がいっちゃってたので、しんどかったです。土湯に到着して、少しだけ休んで戻ります。

復路

戻りは追い風あんど下りでしたので、気持ち良く走ることができました。これまでの疲れ一気に飛ぶような感じ。ももの花も堪能できました。飯坂温泉にてコンビニに食事をして戻ります。

相変わらず降りで気持ち良く進めましたが、阿武隈川沿いを丸森に抜けるまでの道でお仕置きが、、、

行きは対岸(左岸側)の広い道を走りましたが、帰りは、15%を超えるような狭い林道です。150km地点で疲れが溜まっているところに、短いが15%以上の登りはさすがに厳しい。また、林道工事中で、砂利道はあるは、砂は浮いているは、危険きわまりない道でした。ここでパンクしたら、、、、

慎重に運転して何とか通過。

脚が完全に終わってしまった。

残り50km

惰性でなんとかゴールすることができました。ちょっとした登りでもシンドイです。

へろへろになりながら、ゴール。

結果

6時30分スタートで、ついたのが18時。約11時間30分でした。

以前は、200kmだと10時間程度で走っていたので、相当体力も落ちています。また、体重も増えたのがアカンのでしょうね。

次回は、八戸盛岡を少しまとめてみようかな。

S-works購入記

先の投稿でもお伝えしたとおり、S-worksのルーベに手を出してしまいました。ロードバイクの全部載せバージョンです。スペシャライズドで売っている最高のパーツ構成(ステムを除く)となっており、超贅沢貧です。

 私、ロードバイクや車に関して、あまりアップデートをしませんので、全乗せバイクがよいかもです。なぜ、アップデートをしないかというと、完成車を購入した方がお得感があるわけで。パーツをちょこちょこ買うのは損した気分になりますね。パーツを変えたところで、鈍感ライダーですので、おそらくよくわからないです。大きく構成を変えないとです。

BASSO、Viper105とは全然違うバイクだとは思いますが。さすがにアルミとカーボンの乗り味の違いはわかります。あとMTBで、Trekのプロキャリバー9.6とスコットスケール720との違いもすごくわかります。全然スコットの方が軽くて乗りやすいです。値段は同じくらいなのに。昔のバイクの方がモノが良くて安いのかもですね。

ちなみに、このエスワークス ルーベ、バラ完組しようと思うと、140万オーバーですよ。高すぎますね。これが120万前後で購入できるわけですから。完成車はお得ですね。あと、今回は値引きがありまして、相当お買い得でした。中古車より安いかもです。

 金額はいくらとはいえませんが、イタ車ではあり得ない金額のパーツ構成で、この値段です。だから購入したワケで。お得感を生きがいでの私にとってこのチャンスは滅多にないもので。

 あと、個人輸入やらヤフオクという手もありますが、自分でメンテナンスができないと厳しいですね。繊細なカーボンだし。工具がいるし。圧倒的に時間がありません。

ええ年こいた社会人ですので、自分でいじくる時間はありません。よくYOUTUBEで、バリバリ系の競技(ゴルフとか自転車等々)をしている方のチャンネルを見ますが、行動をみているとちゃんと仕事しとるんかい!と突っ込みたくなります。いわゆるゆとりワークっていうやつですかね。時間が決まっている工場とか役所とかスーパー大手とかだとあり得るんですかね。シャカリキに働かなくなった日本人大丈夫ですかねと心配してしまいます。

もっと、安いルーベスポーツでも良かったんじゃないのと、若干後悔しておりますが、一度は乗ってみたいフェラーリ!もといコルベットみたいなもんです。

アメ車なので、やっぱりSRAMですね。アメ車にシマノは合いません。Tr〇kのク〇バイク、プロキャリバー9.6もSRAMです。安いバージョンのNXなので若干もたつきはありますが。一方、大変素晴らしバイク、スコットスケール720もSRAMです。アメリカのくせに(ジャイアン風)SRAMの変速性能は気に入っています。ただし、ブレーキはシマノですが。

横道それました。最近ぶくぶく太っていますので、高い買い物して追い込みをかけるのにもダイエットに効果ありと思います。

今年は、コロナも落ち着きそうですので、ブルベ開催しないかな。一人ブルベでもかまわんです。まずは、100km、200kmを走ってみよう。

その前に、ガラスコーティングをしないと。岩手の道は、春は石だらけで。一雨ふらないと走れません。

S-works ルーベ スペック

フレーム 

S-worksのルーベ、フューチャーショック2 カーボン素材?FACT11R?よくわかりませんが。価格は約52万えーん。 たっけー

ホイール

 ROVAL CLX32ディスクです。ペアで1300グラムを切ります。セラミックスピードのベアリングがはいっているとのこと。1個2万円のベアリングだとか。ベアリングは日本製が一番だと思いますがどうなんでしょうか。ラジコンをやっていた時、高価なベアリングより頻繁に交換した方が良いと考えていました。ただし、圧入らしく素人では交換が難しそうです。

 横道にそれましたが、これまでこんな高いホイールで走行したことがありません。もったいないので、予備ホイールを買おうと考えております。 Primeのアルミです。その当たりは後ほど書きましょう。

ちなみに価格は、ペアで30万えーん

メカ関係

Sram etap axsです。12速です。Bluetoothです。

革新的なコンポですね。ワイヤーやケーブル類がありませんから。

クランクが46-33 スプロケが10-33です

ギア比が1だぜ。これまで、34-32の1.06が最高

山登りが楽ちんです。

詳しくは、関連記事に詳しく書いてあります。50km以上で走る速い人であれば、ダメなんでしょうが、幸いおっさんです。50km以上のスピード領域はまずもって不要です。下りじゃないとだすことすらできません。

しかし、etapは高い。クランクなしで36万えーん。ちなみに、クランクはパワーメーター内蔵の46-33でこれまたカーボンやし。17万えーん 合わせたら53万えーん。これだけで、wilierがかえるやん。

ここまで合計金額が、130万円ほどです。新車のオートバイとか車が買えますね。オートバイは乗りませんから。飾っておくだけ。まだ、自転車のほうが、健康的だし。しかし、金銭感覚麻痺ってるね。

ハンドル

当然ながら、カーボンハンドルです。Hover Doropハンドルで、s-works専用のようです。3万もします。後で購入しようと思わない値段ですね。一生アルミでかまいません。 

 カモメ型になっており、持った感じ楽そうです。かなりアップハンドルになりますね。

サドル

サドルもカーボンレールのサドルだそうです。まぁ、私のサドルは、革のサドルを使いますので、すぐにヤフオク行きかな。一度座ったらやめられないサドルを持っていますので。ちなみに、サドルは海岸通販したセラアトミカのh2最高です。購入記を載せておきます。

セラアトミカH2 : 今日はなんだか (exblog.jp)

その他

シートポストとか、ステムとか。カーボンですね。ステムは、カーボンじゃ無いか。すべてが、最高級ですね。

今度、納車後について記載します。

間違いなくガラスコートをかけますので。あと、様々な保護材貼りがまっています。楽しみながらやってみます。 

S-works ルーベを購入した理由

S-worksのルーベを購入

予算的に躊躇しており、なおかつ使用目的が、ブルベメインですのでルーベスポーツで十分だったんですが。お店側には、絶対的に58サイズを進められ押し切られました。

ルーベスポーツ

迷い

58サイズは、126万円のSRAM ETAP AXS完成車か別途フレーム組しかありません。59のルーベチームが良かったんですが、猛烈に反対されました。

 フレーム組みは、パーツの寄せ集めで、フレームだけS-worksというもの。全くのお得感がありませんし、フレームのデザインもしょぼい。これは、しょぼすぎる。だったら、WILIERをかうわ。

 58の完成車か、61の完成車か、61のルーベスポーツを選んだんですが、お店的にはおもしろくないんでしょうね。購入に至るまでに時間がかかりましたから。おそらく、ルーベスポーツは儲けが全く出ないのはわかります。しかしながら自転車に25万って決して安くなく、一般的には非常識な金額です。

究極の趣味

 例えば、1ぴき数千円の魚をつるのに、30万のリールを買うみたいなものです。オーディオなんかは、1000万オーバーともいわれております。最たるものはゴルフクラブで、ゴルフ以外に使い道のないモノにお金をかけるわけで。ドライバー1本10万円って。。。。

 しかしね、100万円以上もする趣味のモノを買うのに、時間がかかるのは当然だと思います。しかも、コロナ災禍であり、社会人でもあるわけだから時間がかかるのは仕方ないことだと思うのですが。

 ちょっと愚痴ポクなってしまいましたが、結果的に買いましたよ。S-works。

結局s-works

 お店側もがなり予算を頑張ってくれましたので。びっくり価格です。おそらく、この値段では、かえないでしょう。(名古屋証人の血が流れているのでしょう。簡単にものは購入しません。)

 売れ残りで最終処分です。かなりお買い得なので購入しました。s-worksですので、最高のものが完成車に組み込まれています。パーツだけでもかなりお買い得なんですね。単品で組むと150万近くいくでしょうね。とにかく、お買い得感にまけました。

 最終モデルですので、これからもっと良いロードバイクスが出てくるとは思いますが、気にしません。レースをやるわけではありませんので、速さを求めません。だったら、もっと安いバイクでいいのでは?と思われますが、そうですね。s-worksである必要はありません。しかし、私のサイズのバイクがどのメーカーにおいても、もうすでにありません。特殊なんです。私のサイズは。しかも、コロナによりパーツの供給の遅れから、今後の見通しも立っていない状況にあります。おそらく1年以上待ちがつづくでしょう。

 たまたま、ルーベの大きいサイズが売れ残っていたということです。ターマックSL7は瞬殺だったとのこと。

後悔

 自転車にこれほどお金をかけないといけないのか?とか分不相応とか、いろいろな面で踏ん切りがついていないのかもしれません。しかしながら、コロナ災禍のなか、内需を高めるためにも、お金を使える人が使わないと、経済が良くなりません。経済の活性化や地元経済の活性化のためにも、私が立ち上がらなければという、よくわからない使命感に駆られて購入を決意したわけなので。。。。

でも、最高の自転車を手に入れたわけで。いつかは、クラウン的なかんじ。まぁ、いいや。これから先、一生懸命お金貯めよっと。人生最後の自転車になるかもしれませんので。(それはないか)

s-works ルーベ Sram

補足 お金を使う人 使える人

私は、バブル世代は学生でしたが、世の中とても契機がよく、派手にお金を使っていた、廻っていた時代でした。

その時代の名残が残っているのかもしれません。そのうち、この辺について、解説したいと思います。

S-works購入思案中 パート2

ブルベ

 ブルベは、人間にも機材にも負担がかかります。雨(雨は出場をやめます)だから、安い機材で十分との指南本やネット情報があります。私も同感です。がしかし、私の場合、仕事が忙しいので普段からトレーニングができません。通勤程度でしょうか?通勤も冬になると通勤できない日が多く、自転車のトレーニングを行うのには、厳しい条件下にあります。なので、ブルベの200kmや300km~を達成しようとすると、体力的に厳しくマシーンに頼るしかありません。またマシーンの快適性が求められます。そんなもの、鍛えろっておしかりを受けますが、人それぞれのペースとかライフスタイルとかありますので、難しいです。

WILIER ZERO9

 このバイクは、大変良いバイクです。軽いし踏めば進みます。ホイールもマビックのキシリウムに変えました。しかし、一度ブルベに出場しましたが、後半脚が全く残りませんでした。へろへろになりながら何とか200kmを完走しました。やっぱりこのバイクは、前傾も厳しいし硬いし、ヒルクライムとかレース用バイクなんだと実感しました。100kmまでの速く走るバイクです。

車にたとえるなら、イタリアンなスポーツカー、アルファロメオ的なバイクですかね。フェラーリはコルナゴですな

アルファロメオ 4C
アルファロメオ4C
アルファロメオ 4C

BASSO Viper105

 長距離走るならクロモリは最高です。200km出場もなんなくクリアーしました。とにかく脚がのこり、まだまだいけそうでした。がしかし、100kmを超えてくると、体幹のない私は、どうしてもハンドルに寄りかかります。そーすると、クロモリのためものすごい振動がつたわってしまい、いつも手が痛くなってしまいます。痛くなるを通り越して、しびれすら発生します。また、ブレーキもリムブレーキですので、体重オーバーの私には、全然ブレーキが効きません。雨の日も走るブルベでは、ブレーキ性能向上が必須です。

 これも車にたとえるなら、なんだろ?よくわかりません。

BASSO Viper105

本当はイタリアンが好き

 WILIERとかコルナゴとか、イタリアンが大好きな私。車もアメ車よりイタ車に魅力を感じます。アメリカンバイクはデザインがちょっと。バイクもホンダのVF1000Rのトリコロールカラーが溜まらなく好きで所有していました。

イタリア ドカティ

 アメリカンどこか好きになれない。あと、一応日本ではメジャーバイクですので、スペシャとかTREKは結構多く、人と違うバイクに乗りたいところですが。

WILIER

 WILIERは,シマノのパーツ、カーボンは三菱レーヨンとメイドインジャパンなので、やっぱりWILIERが欲しいのですが、サイズがありません。そして私が求めるブルベ性能が高いバイクがありません。レース、ヒルクライムバイクばかりです。WILIER CENTO10NDRは、振動吸収性能が高いようですが、ルーベほどではありません。パリルーベで勝っていないし。

TREK

 TREKは、ドマーネという振動吸収バイクがあります。一時期本気で購入を考えました。結局通勤用バイクが壊れて、TrekのMTB、プロキャリバー9.6を購入しました。ががが、しかし、プロキャリバー9.6は、謎のカーボン割れにより乗ることができなくなってしまいました。写真判定により、なにか強い衝撃を受けたとの解析結果でしたが、なにかにぶつけた記憶もないし、会社にもほとんど乗っていっておりません。納得できずメーカーにメールしましたが、担当者を決めました的な一度だけ返信がありましたが、その後音沙汰がありません。生涯保証???ハードルが高いです。

TREKは、GIANTに作ってもらっています。カーボンは、独自の規格ですので、どこのカーボンを使っているのでしょうか?品質不明ですね。

TREK プロキャリバー9.6
trek プロキャリバー9.6
ヒビが入ったカーボン

Specialized スペシャライズド

 スペシャライズドもメリダに作ってもらっています。カーボンもどこのものを使っているか不明です。好評しておりませんので、独自のカーボンシートを使っているのでしょう。日本の東レとか三菱であれば、信頼性は高いのですが。ちなみに、WILIERは結構ぶつけておりますが、致命的な亀裂は発見されておりません。

 しかし、これまでスペシャに乗ったことがありませんので、私には品質をどうのこうの言う資格はありません。乗ってみるしかありません。

S-works ルーベ

S-works購入思案中 パート1

戯言

当ページにて(当ホームページ)高級ロードバイクはいらんとか、輸入物を購入するとか、戯言を言っておりましたが、最近はちょっと考えが変わりました。

転換

本業が忙しく、さらにプライベートも忙しく、なかなか自転車購入の検討ができませんでした。本当は、CANYONとかCRCとか今流行のガイツー(外国通販)をしようと考えておりました。。。。

ブルベをメインに考えており、高級バイクは必要ないと言い切っておりましたが、路線を転換を企てております。3大メーカー?のメジャーバイクを購入しようかと。いわゆるスペシャライズドですね。

しかもS―WORKSです。

いいわけ

人生は選択、岐路がたくさんあります。高校の入学、大学の入学、就職の入学、嫁の選択、等々。仕事でも選択の連続です。一貫性があることは良いのですが、やはり人間迷うものです。また柔軟に物事を捉えていかないと、ベストな選択をすることができません。比較があるからこそ、選択肢があるからこそ、決断があるからこそ、後悔があるからこそ、人生は楽しいんです。(一度でも良いから一貫性のある頑固なオヤジになってみたい)

地元経済

 アマゾンをよく使っており、通販が当たり前になってきました。自転車も通販で良い!と心が傾きかけていましたが、昨今のコロナ騒動。コロナにより、田舎の経済は冷え切っております。田舎で暮らすものにとって、やっぱり地元消費をしないとマズイと、変な正義感が生まれてきました。そりゃー趣味ですので、安く済ますことが第一優先ですが、あまりにも自己利益的な考えすぎると改め直しました。ただし自分で交換できるパーツは通販で購入する予定です。通販をやめるつもりはありません。

物欲

 私の物欲はとどまることを知りません。コロナのため、ブルベがなくなりゴルフを再開しました。ゴルフの場合は、近場に安い中古屋さんがたくさんあり、よさげなクラブが一杯あります。物欲がありすぎるので、どうしてもちょこちょこ購入してしまいます。これがストレス発散なんですが、お金も散財してしまいますね。 ゴルフは、楽しいのですが、家族に否定されておりますのでなかなか、続けることができません。

長距離

 脱線しました。で、ロードバイクですが、S-worksを購入しようかと考えております。長距離で定評のあるS-works ROUBAIX(ルーベ)です。今後の自転車人生において、レースと言えば長距離しか出ないかと思いますので、ベンジやターマックなどのバリバリのレースマッシーンは必要ありません。速く走る、ヒルクライムは、シンドイし、集団は危ないし。ブルベとか長距離に魅力を感じます。長距離を走ったあとのお風呂とか、ご飯とかメチャメチャおいしく,生きていることを実感します。

 ブルベの魅力にどっぷりとハマりました。

TREK プロキャリバー9.6が壊れた?壊された?

とっても残念なお知らせです。

私の大事なプロキャリバー9.6のフレームに傷が入りさらに亀裂が発生している可能性があるとのことでした。

お店が写真をとり、保証が適用可能かトレックに問い合わせてくれましたが、残念ながら外傷による亀裂とのことです。

確かに塗装の擦り傷や凹みはありますが、これまでぶつけた記憶もなく、当たり前ですが転倒もありません。ぶつけた記憶というのは、大きな衝撃を与えるようなぶつけ方です。したがいまして、ちょっとした、コツンとぶつけただけで、カーボンが割れた?ことになります。

ちなみに、通勤にはほとんど使わず、そしてたまのツーリングのみで、大事に家につるしてありました。自分の部屋なので、だれかが傷を付けるリスクは0ですね

それでも、少し目を離す場面もありますので、完璧には自転車を監視できているとはいえません。だれかにぶつけられた可能性はありますが、その場合、その他の部分にもダメージが加わるはずですね。

写真のとおり、一番出っ張っているディレーラーに傷が全くありませんね。

だとするとだれか、鈍器でぶったたいたことになります。

私的には、やっぱりカーボンの品質不良のような気がしますが。駄目といわれればしかたありません。

そのかわり、20%オフにしてくれるのだとか。

安いのかどうかわかりませんが、定価売りのトレックにおいての20%引きは大きいかもしれません。

が、カーボンの品質と対応に疑問を持ち始めておりますので、購入にはちょっと躊躇してしまいますね。

来年は、DURAの12速が出そうだし。しばらくは静観しますか。

自転車購入について考える

コロナにより、自転車で走っているとあおられるし、あまり走らないようにしていました。運動不足から、ゴルフを始めたんですが、これがハマってしまいました。

ゴルフに忙しくなっております。どれだけ遠くに飛ばすことができるのか、結構頑張っているところです。あと最近、スコアにもこだわりはじめました。そーすると最新のクラブが欲しくなるわけで。ゴルフ沼にハマり始めました。

釣りなんですが、いつもご一緒している釣り仲間が全然いけなくなってしまいました。で、今年は全く行っておりません。ただし、深海釣りに誘われており、ちょっと行ってみようか考えております。

で今回のネタは、自転車購入ネタ

戦闘車両を売却

今年は、ブルベが中止で目標を失ってしまいました。そんでもって、自転車wilier ゼロ9も売ってしまいました。なぜ売ったかというと、ブルベで一度使いましたが、足が何度もつりかけてしまいました。200km以上のロングツーリングには向かないと判断しました。

Wilierは戦闘力が高いヒルクライム用自転車で、デザインもかっこいいです。しかし、メンテナンスが、高すぎて。毎年のメンテナンスに5万以上かかっていました。時には、10万以上もかかるため、もはや無理!予防保全で新車を買えるだけの金額になりつつあります。

予防保全のためのメンテナンス

ロードバイクは、安全に乗るためには、メンテナンスは必須です。ただお店によっては、高級バイクを購入した場合、メンテナンス代があまりかからないことを知り合いから聞き及びました。ちょっとしたメンテ代がかからないのは助かりますね。これまで1回簡単メンテに行けば1万以上かかっていましたからね。大体は、1年目はメンテナンス代不要というお店が多いです。

自分で最低限のメンテナンスはできますが、デリケートなカーボンバイクは、メンテナンスをお願いした方が無難です。

工具がないし、それに時間がかかります。私の場合、仕事が忙しく、それでいて趣味も多いので、自転車のメンテナンスに時間をかけることができません。メンテナンスは、好きなんですが。忙しいサラリーマンには、メンテナンスはお金で解決が良いかと。

自分がメンテナンスを行うとどれだけ大変か。その感謝の気持ちを込めてメンテナンスを依頼するがしかし、予算も考えないといけません。先ほども書きましたが、メンテナンスに年間10万もかけてられませんね。

カーボンバイクの寿命

そもそも、カーボンバイクって、消耗品ですよね。紫外線でも劣化するし、温度や湿度によっても劣化しますよね。クロモリやチタンは、補強ができるし壊れても溶接ができます。鉄バイクは一生ものと言われるわけです。カーボンはそのようなわけにはいきません。10年も乗れるのかな?

おそらく5年~10年ってなところでしょうか。また、どんどん新しいパーツが登場し、ここ5年でギヤは10速から12速へ。今後は13、14と増えていくでしょう。将来的にはパーツがなくなってしまい、治せなくなってしまうでしょう。

そんな、短命なバイクに毎年10万程度のメンテナンス費用を出して、大事にのってもねー。

自転車メーカーの商売

自転車でもゴルフでも、毎年新しい商品を開発しておりモデルチェンジをしております。

時には、名器と呼ばれる個体がでることもあり、次の商品がなかなかそれを超えられないことがあります。でも、それではメーカーが潰れてしまいますね。毎年懸命な開発により、少しずつバージョンアップをしております。

電化製品のバージョンアップは、わかりやすいのですが、例えば、通信速度が3Gから5Gとか、スマホの進化とかものすごくバージョンアップしています。

ロードバイクはどうでしょうか?おそらく、新城選手とか別府選手が、10年前のバイクと最新のバイクと乗り比べて、どれくらいタイムが変わるのでしょか。僅かでしょうね。まぁその僅かな差が、大事なんでしょうが。

ゴルフクラブもしかりです。10年前のドライバーと現在のドライバーは、プロが打ってどれくらい飛距離や方向性が違うのか?変わらないような気がします。PINGだと、G15。現在はG425。飛距離が倍になったか?なってませんね。ジャンボは、20年前のクラブで300ヤードを飛ばしていました。

メーカーは、購入意欲を湧かせるためにも新製品の登場が必要なんですね。しかしながら、自転車業界はモデルチェンジのサイクルが速すぎます。対して変わらないのに、毎年20XX年モデルって出しすぎですね。

ブルベの場合

ブルベは、戦闘能力は不必要です。いかに楽にトラブルなく帰ってこれるかが重要です。楽にという部分では、振動が少ないバイクで30km程度の速度を巡航することができるバイクですね。トラブルなくは、頑丈なバイクです。

振動が少なく、軽くて、ほどほどの巡航スピードを出せるバイクです。振動が少ないは、カーボン、軽くもカーボン、ほどほどの巡航スピードはクロモリかカーボンということで、やはりカーボンが最適なんでしょう。そして雑に扱うので、高級バイクは不必要かと思います。振動吸収性能があり、巡航スピードが出るバイクは、本当に楽しいです。ですが、初期投資は高いが、運用投資が低いバイクも考えないといけませんね。トータルコストで考えないといけません。

S-Works 超高級バイクの場合

一度、S-WorkSを試乗しましたが、軽量かつ振動吸収性が高いルーベで、空力も大変すばらしい。これならどれだけでも走れるかもと思わせるバイクでした。でも100万超え。っていうか126万円。高杉晋作でしょう。しかしながら、すべて最高のパーツが組んであり、買い換えるところがない。そして、ミリオンバイクならではのサービスが。当然、お店ではハイグレードお客としてメンテナンス費が相当浮かすことができます。魅力ですね。

https://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g94420-0244/

キャニオン 中間グレードの通販型

あとは、通販専用のキャニオンかな。キャニオンはメンテナンスがちょっと大変かもしれませんが、とにかく安い。ブルベ御用達自転車かもしれませんね。でグラベルロードなるキャニオンがありまして、グレイルというバイクです。ディレーラーは、グラベル専用のgxrのdi2がついており、カーボンハンドル、ディスクブレーキで50万以内なんですね。カーボンもグレードが高いです。重さは、8。2kgだし。ギヤ比もいい感じだし。

https://www.canyon.com/ja-jp/gravel-bikes/all-road/grail/

90万円台のトレック ドマーネSLR7

 90万円台のドマーネSLR7ですが、やっぱりs-worksより見劣りしますね。58とか60サイズだと9kgオーバーの重量となってしまいます。スコットカーボンMTBと変わらない重量。もはやロードではない重量ですよね。

 乗り心地は、最高とのことですが、、、、。でも重い。あと9万円だして、S-WorkSの方がよいですね。値引き一切ないらしいですし。

https://www.trekbikes.com/jp/ja_JP/%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%AF/%E3%83%91%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89/domane/domane-slr/domane-slr-7/p/28715/?colorCode=white_blue

30万程度のルーベとかトレックsl5

30万ほどで、ルーベやsl5が販売されております。30万でも十分高いバイクですが、やはり、ディレーラーとか、ホイールはが低スペックです。ディレーラーは、105ですが、ワイヤー式ですので、メンテナンスが必要。ブレーキは油圧なので不必要かと思いますが。しかしながら、ディレーラーは、電動式にアップグレードがしたくなるでしょうね。300kmも走ると、確かに腕力がなくなり、ぐいっと手を押すのが億劫になります。

あとは、ホイールですね。アルミのホイールです。重いし空力が悪い。自転車は、ホイールが大事です。ホイールで全然違うようです。中華ホイールもありますが、品質に問題があります。特にカーボンですので、ブレがひどそうです。素人ではブレ取りはできませんね。機械も入りますので。ホイールは、ちゃんとしたお店で購入するのがベストでしょう。そーすると、ホイールだけでやっぱり20万はしてしまいます。

ディレラーやホイールをアップグレードすると30から40万はしてしまいますね。トータル的に70万ほどか?そして、リセールが悪いので、

トータル費用の比較

トータル費用を比較してみました。

Wilier zero9

5年前に購入したwilier ゼロ9にかかった費用を計算しました。

 Wilier zero9 45万円

 納車整備費用 2万円 

 コーティング費用 1万円

ホイール交換キシリウム 10万円 アルミ

 メンテナンス1年目 5万円 

 メンテナンス2年目 6万円

 メンテナンス3年目 7万円

 メンテナンス4年目 8万円

 メンテナンス5年目 10万円

 その他中間メンテナンスとか 10万円

で合計は、、、、104万円もかかってしまっています。5年で100万円ですね。お店がプロショップということもありますが。。。。ちなみにリセールは、12万円でした。トータル90万です。なお、ディレーラーやブレーキなどの大きなパーツは一切アップグレードをしていません。

ヒルクライムでは抜群でしたが、ブルベではちょっと使えないですね。

s-works ルーベの場合

 車両本体 126万円 値引きで99万円

 メンテナンス費年間1万ほどを5年で計算

104万円です。5年目で売った場合、おそらくヤフオクで30万以上の価値あり、トータル70万ほどでしょうか。

ちなみにケーブル交換は、ブレーキだけですので、しかも油圧なのでほとんどメンテナンスフリーです。ディレーラーは、DURAもしくはsramの電動です。ケーブルがありませんね。

憧れのパワーメーターも入っています。今後アップグレードが必要のないバイクで、楽に速く走れる十分なバイクで、この値段なら安いかと考えてしまいます。

最後にcanyon

キャニオン グレイル 48万

関税3万くらい

送料2万

メンテは自分で行う。プライスレスだが、相談できない時間がない

大きなトラブルは、東京の自転車へ送るしかないので10万くらいかかっちゃうかも

購入費用が53万ですが、5年後以降お金がかかりそうですね。リセールはどうなんでしょうか。自転車屋のメンテナンスしない包囲網により、高く売れないでしょうね。おそらく10万ほどか?

トータル43万と一番安いですが、メンテナンスの時間がとられそうですね。

ではどうするのか

安いカーボンバイクを、近くの自転車屋で購入するというのが、ベストなんでしょうか

まとめ

以上より自転車は、性能は大して変わりませんが、パーツが変わってしまい、どんどん修理ができなくなってしまう。カーボンは消耗品ということで、どんどん買い換えた方がよろしいかと思います。一生ものとして大事に長く乗るものではないと考えます。

カーボンバイクは、消耗品です。要するね、最低限のメンテナンスで5年から10年で買い換える。スマホと一緒の考えが必要かと。

古くなるし、ディスクロードが素晴らしいので。

私みたいに体重が重いと、ディスクじゃないと危ないですね。

BASSO viper105もあります。すごく楽ちんですが、手元の振動が激しく、長距離には向いておりません。体重が重いので、振動がダイレクトにきてしまい、いつも手がしびれておりました。また、サイズも56と小さ目です。100kmから200km専用車ですね。

で、新しい自転車ですが胴長短足ですので、おそらく58~60CMのトップチューブの自転車が最適じゃないかな?でも足が短いので、それだけでかいと足がつかない恐れがありますね。

ということで、最適な自転車への買い換えを検討しております。

資金は、ウィリエールを売ったお金と500円玉貯金。

候補は、スペシャライズドのルーベが欲しいです。TREKのドマーネもいいバイクですが、やっぱり重たいし、スペシャの方が安くて良い部品がついているような気がします。

現在、スペシャのルーベスポーツを考えています。ブルベ専用車ですので、それほど高い自転車は不要です。105でホイールは重め。105で十分なんですが、若干重めなんですね。おみせの人には、S-WORKSを勧められましたが、100万超えって。かえるかい。全部バラで組むと150万もするらしいですが、完成車ですと126万だそうで。それを安く売りますよとのことですが、それでも99万円。買えませんね。

あとは、通販専用のキャニオンかな。キャニオンはメンテナンスがちょっと大変かもしれませんが、とにかく安い。ブルベ御用達自転車かもしれませんね。でグラベルロードなるキャニオンがありまして、グレイルというバイクです。ディレーラーは、グラベル専用のgxrのdi2がついており、カーボンハンドル、ディスクブレーキで50万以内なんですね。カーボンもグレードが高いです。重さは、8。2kgだし。ギヤ比もいい感じだし、いいですね。海外通販チャレンジしようかな。

キャニオンを購入すると、ショップに目の敵にされてしまいます。でもね。ブルベにでるだけだしね。メンテナンスがちょっと厳しいかも。タイヤのふれがとれないし、そのような機具もないしね。そのあたりが悩ましですね。

ロードバイクを始めて5年でわかったこと

ロードバイクを初めて5年でわかったこと

注意!

ロードバイクの否定する文章を記載しております。自転車関係者は、気分を害すると思いますので読まないようにしてください。っとはいっても、私のブログなんて読む人が少ないですから影響を及ぼすとは考えがたいのですが。

ゴルフに学べ

最近のゴルフは、古いしきたりが減りつつあります。私が始めたころはかなりゴルフハードルは高かったんですが。メンバーじゃないとコースに行けないとか、メンバーの紹介だから、ジャケットが必要だとか。とにかく面倒でした。紳士のスポーツだから!と言われましたが、本当にあなた紳士なの?見てくれだけやん!と心の中で叫んでいました。

昼に酒を飲んで、タバコをポイ捨て。たっしょん。ニギリ?というなの掛けゴルフ。プレー終了後にまたお酒、飲酒運転で帰宅。こんなゴルファーばっかりでした。こんなゴルファーにこびを売ってゴルフをしたくないということで、2年くらいでやめてしまいました。スポーツじゃないし。プレーに2万以上払って、紳士と矛盾する行動のおじさんにマナーの小言を言われる。ただのお金持ちの娯楽やん。若者は逃げ出しますよ。間違いない。

最近なんとなくスポーツっぽくなりました。YOUTUBEが台頭してきて、ゴルフをスポーツとして捉える人が多くなったような気がします。

昔みたいに、ゴルフ=接待、お金持ちではないです。でも田舎だと相変わらず、昼にビールを飲んでいる人がいますが。

あと、あまりドレスコードは厳しくなくなりました。どう思われているかわかりませんが、それなりの格好でいけば、問題ありません。サンダル、ジャージとか、Gパンとか、輩系の格好は駄目かもしれませんが。

それほど、厳しく言われませんが、未だシャツをインすることがマナーらしいです。まぁ、他のスポーツでもシャツをインしますので、しかたありません。ゴルフ女子は出しっ放しなんですがね。

それでもゴルフも競技人口が減って困っているようですね。だから、どんどん緩和して、おじさんがするスポーツではなく、若者が楽しむスポーツに変えようと必至ですね。

あと,シブコやマツヤマなど、有名どころが出てきましたので、今後人気回復も見込めそうです。

ロードバイクの人気

まず、有名選手って?ローレース全日本チャンピオンしっていますか?入部正太郎です。って誰やねん!(失礼)世界的に有名なフルームとかカンチェとか、日本では全くの無名です。

世界で活躍する日本のロードレーサーって、アラシロとかベップとか。誰やねん!(またまた失礼)知りませんよね。

野球で言えば、イチロやマー君には及ばないものの成績的には松井クラスですかね。

まず、松井はだれでも知っていますが、アラシロ、ベップは全くをもって日本では無名です。

自転車をメジャーにするためには、金メダルを取るとかツールドフランスで優勝するとか。アラシロは、頑張っているんですけどね。世界のアラシロも年齢的に厳しくなってきました。次世代がいるのかいないのかもわかりませんね。

自転車メーカー

 シマノとか丸石、ブリジストン、パナソニックなどの自転車は知っていますよね。丸石はびみょうかな?でもね、世界的に有名なのはジャイアントとかTREK、スペシャライズドなんですけど。知りませんよね。日本では無名ですね。

 これら3メーカーは、専門店でしか販売できませんので、メジャーになりません。ロードバイクがおいてあるこじゃれた店で入りづらいです。

 レーパンはいた常連さんがいるか、頑固な店主がいる薄汚い専門店か、ロードバイクを始めたくても、素人には勇気がいる店構え。私も勇気がいりました。よっぽど、変態じゃないと購入する気にもなりません。

今の若者なんて特にそんな店に入っていきません。興味を持っていったが、まず高額な価格でビビッテおしまいです。

本当に欲しければ、ネットで調べて、通販です。もしくは、ホームセンターとかデポ系のスポーツ用品店へGOです。コミュニケーション不要ですから。

で、へんなの買っちゃうわけですよ。メンテナンスもしませんので、すぐに壊れて、さびておしまいです。

日本の文化は、ママチャリ文化ですので、ノーメンテが基本です。ノーメンテで壊れたら、新しい自転車を購入する。これが文化なんですよ。

とにかく高い

 ママチャリって、高くても5万以上しませんよね。大概2~3万で購入できます。

ロードバイクは、最低でも10万からですから。その後メンテに最低でも年間1万5千円。

ゴルフだったら、いいドライバーやアイアンが中古ですがフルセット購入できます。バーゲンを利用すれば新品も可能。

ちなみに私は、5年前に40万円のロードバイクを購入して、それなり満足していました。しかし、競技性の高いバイクであり、ロングツーリングに嗜好が変わった今、不要になりつつあります。しかも、どんどん進化して今や超旧タイプのバイクとなってしまいました。40万の自転車がですよ。

そして、競技性の高いロードバイクのため、メンテも必須。毎年5~10万もかけていました。

そして、ホイールを換えるだの、シートを換えるだの、パーツが高い。どんどんお金がかかります。

嫁と2人でロードバイクでツーリングなんて夢も見ましたが、それには手を出さず。出費を気にした賢い妻です。今やデブデブおかーちゃんになってしまいましたが。

生活に全く役立たない、通勤に使えない、趣味オンリーのバイクです。(ゴルフクラブよりマシだが)

よっぽど、好きもんか、意識が高いか、お金持ちしか手を出しませんね。医者が多いっていいますよ。この趣味は。もしくは、独身貴族?

で、最近ブルベにハマりつつありますが、雨が降ろうが雪が降ろうが走りきるのがブルベです。痩せるためには、最高でして、しかも年をとってきて人間力が向上してきた自分としては、精神を鍛える最高の分野です。しかしながら、こんな過酷な条件のブルベで、最新の50万もするロードバイクは必要ありません。お金が余るほどあれば欲しいところですが。そこまで経済力がありません。また、ブルベは完走するまでに、色々なトラブルが発生し、ある程度のメンテ作業が必要になります。ブルベ前日に、自転車に預けてメンテしてもらってなんて、立場ある社会人には時間的ゆとりがありませんね。あと人任せでは、完走が遠のきます。

それこそブルベでは、ロードバイクは使い捨てになります。10万~20万ほどのバイクを通販や中古で購入し、ある程度勉強して、メンテを覚えるほうが、賢いです。またネットには色々な先生がいますから、安心です。

ブルベ頻度が高くなれば、特に劣化も激しくなるし、部品を交換して延命というよりは、新規購入でしょう。どんどん進化していく駆動系も最新バージョンへアップデートできます。

***2021/1/29更新

2021現在、私のサイズのバイクがありません。ブルベに出場しようとはりきっておりますが。Viper105では厳しいので、バイクを物色しておりますが。特にコロナによるパーツ供給がやばい状況になっており、欠品だらけです。

TREKもなくなってしまいました。スペシャしかなく、最高級のバイクしか残っていません。困りました。

 ダサいウェア

ロードバイクの格好は、はっきりものすごく抵抗があります。ハッキリいってダサい。レーパンをはくのが抵抗があります。自転車をロングで乗るためには、快適キングで最高のウェアーですが、フル〇ンではくのに非常に慣れが必要でした。コンビニにもいけない。

女子なんかは特に嫌でしょうね。

あと、レーパンって高い!1万以上しますね。売っているところも限られているし。

今となっては、このレーパンをはくのが面倒です。もっと手軽なウェアがないか物色中です。

靴がない。

致命的なのは、靴がないということです。日本人は、甲高幅広です。私も甲高幅広で、ヨーロッパの靴なんてとてもはけないです。甲高、幅広、30cmの私は、靴選びに非常に困っていました。メジャーなスポーツであれば、大概揃います。ゴルフシューズもある、ばっしゅーも,ランニング用も。日本人に強い見方、ミズノとかアシックスがあるからです。マイナースポーツなので、ミズノやアシックスはこの手のシューズを作りません。仕方なく輸入に頼るしかありませんが、ヨーロッパで人気のスポーツロードバイクは、細身のシューズしかなく、全くと言っていいほどはけません。30cmって輸入自体取り扱っていないこともシバシバ。

そりゃそうです。日本で人気の無いスポーツの稀少なサイズの靴なんて、仕入れませんから。

で、私は、無理矢理はいています。今のシューズがなくなったら、自動的にロードバイク撤退ですね。

閉鎖的な販売店

 ロードバイクを取り扱っているところは、先ほども書きましたが閉鎖的な販売店が多いです。ロードバイク系専門店に入るのには勇気が入ります。大体値段がびっくりするほど高いですから。初心者との価値観のギャップが激しい。

 腕は抜群だけど時価のお店。一見さん入店禁止みたいな雰囲気をだした店ですね。お金にゆとりのあるセレブな方々や、常連さんには最高の店なんですが、初心者、経済的にギリギリの人には厳しいですねこの手の店は。東京のMTB専門ショップで、おまえ何しにきた?系の店がありました。真剣にMTBを購入しようと勇気を持って入ってみましたが、やっぱりすぐに追い出されました。

 ミドルサイズのこじゃれたお店に常連客がたむろ。ロードバイクのチームなんだかよくわかりませんが、気合い系の人達が集まった店なんて、ロード経験者でも入りたくありません。

 特に仕事で上司に使われている中で、若者がわざわざこのチームに入りたくなりますかね。おそらく、ロード経験者じゃないと厳しいでしょう。おれは、アラシロみたいになりたいと、チームの門をたたく人間ってどれくらいいるんだろうか?アラシロ自体知らないしみたいな。

ただ最近は、これらを払拭した素晴らしい店もありますよ。北上のバイクリブリスは最高ですね。店主の技術力やほどほどさ、接客態度も最高です。もっと購入したくなる店なんですが、遠いです。

今時の若者

今の若者は、賢いです。特にお金に対して非常にシビアです。我々、いってまえ世代ではありません。不景気な時代に生まれていますから、親も経済的に厳しく、子供もおのずと倹約家になっていくわけです。

 欲しいものがあっても慎重に、比較検討をして購入するわけなんです。特に遊び道具には一切お金を使いません。自分のためになるものでしたら、投資するようですが。

そして、生まれた時からネット、通販です。ネット通販に抵抗がありません。ネットで購入。YOUTUBEで勉強して自分でメンテという人が非常に多いです。

どこかに属して、教えを乞うといった面倒なシステムは、極端に嫌いますね。

チームに所属なんてもってのほか

 ロードバイクのチームに入るって、社会人には大きな大きな壁です。チームに所属すれば、下働きをしないといけません。教えてもらうためには、下働きが必要になります。ただでさえ仕事で疲れているのに、遊びで教えを乞うために、チームに尽くすなんて。あほくさ。ちょー面倒です。そして競技に参加しないといけませんし。

 競技ってね。好きな人は良いのでしょうが、私は一度きりです。競技がスタートすれば、われを急いで先にでようとする。人なんてお構いなしです。それなりのルールがあるようですが、関係ありません。事故率も高く、遊びでケガをするなんて、それなりの立場のある社会人にはあってはならない。ブルベも危険ですが、よっぽど競技のほうが危ない。

田舎のブルベであれば、それほど車もいないし。ひかれた場合、それなりの保険もあるわけで。しかし、ロードバイクや自転車を乗っていて思うのですが。ただただ自分を鍛えるために,公道をつかって、自動車のじゃまになるスポーツってあんまり好ましくないのでは?と始めた当初から思うところがありました。

特にチームでつるんで列をなして走っている奴ら、メチャメチャじゃまですよ。なかなか追い越せないわけで、トラックにあおられていますね。

まとめ

 ロードバイクの世界は、経済力が必要、閉鎖的、人間関係が面倒、などネガティブなところばかり目についてしまいました。気候が温暖で体調が優れていないと走る気にもなれなくなってしまいました。コロナでズイフトなんていう室内ローラーがはやっていますが、私には全然合いません。苦行です。ロードバイク自体苦行だと考えております。ただ、体を鍛えるためのツールスなんですね。走るまでに準備に時間がかかりますから、最近はもっぱら手軽なMTBに乗ってしまいます。

 こんなに自転車を否定をしながら、ロードバイク2台、MTB3台、娘のクロスバイク1台と自転車まみれになってしましました。

経済的に困っていないからできるんです。嫌みに聞こえますが。本当のことなんです。明日食べるお金にも困って、借金だらけの人にはこのスポーツは厳しいでしょう。自転車を購入する資金もなければローンが組めませんから。ちなみに、私は、酒、タバコ、ギャンブル、女一切やりません。

食事もダイエットのため朝飯は食べません。お昼はカップラーメンと家から持ってきた米のみ(外食はしません)、夜は豆腐。土日だけ夜だけが家族と食べるプチ贅沢(家焼き肉とか鍋とか)。食に関してはお金がかからない男です。

また、おしゃれも、アウトレットのバーゲンでまとめ買い。ほとんど、実家の名古屋へ帰省した際、アウトレットでお買い得品のみを購入し、1~3年は着る。品質の高いいわゆる高級品を購入し長く使うんです。靴はもう3年は使っています。ただし、アウトレット専用の商品もありますので、そこは注意すべきです。B級品のみを選択です。または投げ売りの商品しか目を付けません。気を付けないとアウトレットの方が高いなんてことありますから。 

あと、生活にお金がかからないように、工夫しております。薪ストーブ、ソーラーの導入、車は資産価値の高いものを購入してまわすなど。

 このようにして、経済力がついてきてゆとりが発生し、倹約して500円玉貯金を行って、ギリギリ自転車を続けれるかなんです。

 とにかく、ロードバイクやMTBに人気がでないと,この業界は非常に厳しいです。人気がでないから、買う人もいない、常連さんに頼るしかない、常連のたまり場では新規顧客獲得が難しい、競争が減ってきて売れないから定価売り、そしてどんどん客離れ、さらにYOUTUBEの台頭により通販がさらに発展。コロナ不況がやってきて常連さんも姿を消して、また経営悪化。厳しいですね自転車屋さん。生活が成り立たないんじゃないかな?

じゃー、あなたが助けなさいよっ!ってか?私?最近自転車の世界には疲れました。どんどん新しい機材が出てきて、それを勧められて、面倒になってきました。高すぎるし。

あとコロナでブルベはないし競技をしていないから新車は不要?。メンテ?ロードは乗っていないからメンテは不要。MTBは、他店で買ったものとか通販ものは自転車屋が面倒見てくれないので、自分で行うしかないし。パーツはアマゾンで購入することが多い。これが一番。地元の自転車が潰れる、知らん。お世話になったでしょ?ちゃんと適正なお金を払っていましたよ。

 子供にお金がかかりしかもコロナ不況により経済的に難しくなる時期に入ってきましたから。経済的に継続が厳しくなってきました。またロードバイクがなくなっても困りません。安ければ購入しますが。やはり定価売りには抵抗があります。生粋の名古屋人ですので、ケチなんですね。私。

 通販とお店とうまいことやっていかないとね。

結びに

不幸にもこのブログを読まれたロードバイク乗りの方々やお店の方々は、不快に思うでしょう。私が感じた世界をありのまま記載してみました。でも、めげずに自転車には乗り続けるでしょう。

これからも、体験談を記載します。

自転車のらない

最近、自転車へのることがめっきり減ってきました。なぜ減ったのかのか?色々考えてみました。自転車好きの方は以下の文章を読むと怒りを覚えるかもしれませんので、ご遠慮願えればと思います。

寒いから

寒いのは嫌です。体や脚は着込めば暖かいのですが、手先、足先はどうやっても暖まりません。非常に不快ですので、冬場の自転車は避けます。もっぱらMTBのみで、凍結した日のスパイクで走る短距離であれば楽しいかもですね。

楽しくない

あくまでダイエットのために自転車を始めました。ツールドフランスも知らないし、ロードバイクって?みたいな。自転車よりバイクの方が好きです。

そして、なによりゴルフの方が楽しいし、登山やキャンプの方が絶対に楽しい。なんでも道具は必要ですが、ゴルフ道具や登山、キャンプ道具は自転車よりはるかに安く長持ちします。

痩せないから

週末オンリーの4~5時間の苦行では全然痩せなくなりました。10時間はのらないといけません。ダイエットを目的で始めた自転車ですが、筋力がついたのか?ペダリングが良くなったのか?ダイエット効果が薄れてきています。もっとストイックに走ればいいのですが、忙しい毎日、たまの休みに一日中自転車でという時間もありませんから。

ローラも買いましたが、楽しいのは最初だけ。ローラーほどつまらないものはありません。ローラーなんか粗大ゴミに出したいくらいです。

自転車でだらだら走るのなら、ランニングの方が痩せます。ボクシングジムの方が痩せます。登山やトレイルランの方が痩せます。トレイルランは楽しいし。

手軽じゃない

自転車にのるまで時間がかかりすぎます。自転車をメンテして、空気入れて、レーパンはいて、あーめんどくせー。走るまでに準備運動を含めて1時間はかかりますね。だっさいレーパンで、辱めをうけるし。タイツオンリーには抵抗を感じます

機材が高すぎる

最初は5万円の自転車の価格にびっくりして、次に40万のロードを手に入れて、、、次は60~80万の自転車を買う予定みたいな。金銭感覚が麻痺してしまった。自転車に50万オーバーって、一般人にはわからない世界です。金銭感覚が麻痺した現状は、どんどん自転車が増えていきます。カーボンロードwilier40万、クロモリロードviper15万、MTBスコットスケール72014万、トレックプロキャリバー9.624万などなど。結果的4~5台の自転車を所有することになってしまいました。次は、60万~80万のディスクキャリバー仕様の自転車を物色って。ちなみに、これらの自転車の価値は全くなくリセールもききません。買った瞬間、価値は0みたいなものです(私のサイズの場合ですが)新車購入金額にプラスされる組み立て工賃にも閉口もの、、、、、ある程度の工賃は耐えることができますが。

 最近機材費に見合った効果(ダイエット効果、楽しさ)を見出すことができなくなってきてしまいました。ブルベは安い機材で十分です。3年で捨てるぐらいの気持ちでいかなと。高価な機材で走る気になりません。

メンテ費用

 メンテ費用を覚悟しないといけません。私が行っている自転車屋さんは完璧主義なので、最低5万円。時には10万円もしてしまいます。それぐらいのことをしてもらっていますので当然なんですが、高級な寿司屋みたいな感じで毎回請求書にそわそわしてしまいます。これを毎年の費用として覚悟しないといけません。2台をもったら10万~20万もしてしまいます。裕福、自転車オタク、選手じゃない限り厳しいでしょう。20万円って、子供2名いる,家持ちの家族にはおいそれと出せる金額ではありませんし、家族に迷惑をかけてしまいます。3年のって新車を買った方が良いでしょう!となってしまいます。あるサイトでは、工賃は感謝の気持ちで快く払うものと書いてありますが、5万から10万を簡単に出せるほどゆとりがありません。いや正確にいうと、よとりがない!じゃなくてそこまでお金を出してまで維持をしたくない。いうことでしょう。

安全を購入するという意味では必要ですが、小遣いが少ない私には維持が厳しいですね。もう、運用費もそこをついてきました。

パーツ

 パーツ代が異常に高いです。もともと、マニアックな品物ばかりですので、一般流通がしていない物品ばかりで、すべてのものが高価ですね。流通を考えると、アマゾンが最強なんですが、一般的に通販をすると自転車屋に怒られるし。ねたまれる。どこでかったのとか?いくらだったのか?そりゃーお店で買いたいですよ。でも欠品が多く→結果お店で取り寄せ→時間がかかる→送料までかかるとなれば、必然的にアマゾンになってしまいますね。田舎はしかたない。

大変なのは自転車屋

自転車屋も大変です。ありとあらゆるメーカーがあり、それらを在庫として抱え、すぐに不良在庫となります。仕入れを少なくするとあれがないこれがないといわれアマゾンに逃げられます。アマゾンや通販で購入したものを、自転車やに持って行き相談され、工賃が高いと怒られ。わかるんです。自転車屋のつらさを。

自転車特にロードバイクなんぞは、高価過ぎる趣味の世界で、なければないで生きていくうえで必要ないものなんですね。しかもマニアックですから、一部の余裕資金があるかたや選手しか来店しません。

学校の近くでママチャリを販売、修理し、その傍らスポーツバイクを売るみたいな商売じゃないと絶対に食っていけない商売です。

技術革新

なんでもそうですが、どんどん新しいものがでてきて、パーツの流通がとまり、互換性がなくなり、自転車が維持できなくなってしまします。100万のバイクをかっても、せいぜい5年で古くさいバイクになってしまいます。

ハイソ

自転車は、やっぱりハイソな方々の乗り物ですね。間違いないです。私もハイソなふりをして、この世界に入り込みましたが、やっぱりついて行けませんでした。家族もちでは厳しい。そしてなにより自転車好きではありませんから、、、また、つるんで走るのもあまり好きではありません。

ブルベ

とはいっても、自転車をやめるつもりはありません。時間があればのるし、日曜日のトレーニングもします。ブルベは好きですから。達成感が半端ないし、冒険は楽しいですね。あれだけの疲労感を味わうことができません。ただしブルベには、高価な自転車は必要ありません。また、自分である程度の修理やメンテができないといけません。時間を短縮するために,自転車屋にメンテを依頼していましたが、人任せではブルベ完走は厳しく、自分で勉強しないといけないと感じました。お金にゆとりがある方々は、自転車屋任せで問題ありませんが、私には無理です。

今後

自転車は続けますよ。やめません。ブルベには出続けようと考えております。自転車は、現在のbasso viper105で出場します。ただし,私の体重が重いゆえに、ディスクブレーキは必須です。買うとするとcanyonの安物でしょうね。ブルベに適したバイクですね。メンテナンスが大変そうですが、そこは自分で勉強してみないことには、次につながりません。なお、canyonであればパーツ供給は問題ありませんからね。

 とにかく今は、ゴルフやトレイルランへのウェイトがあり当面は買う気がありませんが。あと、薪割をやらないといけませんしね。原木が届きましたので今週から始動ですね。