クロモリはシンドイ?

BASSO Viper105

今年は、天気が悪く土日になかなかサイクリングに行けないです。5月は天気が良いのですが、今年は天気が悪いです。

クロモリバイク BASSO Viper105にていつものコース、安比方面を走りました。結果を先に申し上げると、正直シンドイです

脚が全く残っていませんでした。終盤戦も走っている感じではそれほど、しんどくはなかったのですが、自転車を降りてからヨレヨレ。

階段上がるのも辛かったです。

いつものコースは94km、獲得標高1000m、今回は、ショートカットしたため、84Km、獲得標高920mほどでした。

走っている最中は、ルーベとバイパー105はさほど差が無いように感じましたが、降りてみてびっくり。疲れが、、、

重さ

ギヤ比の違いでしょう。結構重めなんですね。スプロケはGSにして11-32tです。フロントが50-34tです。LOWが1.06です。

一方、ルーベはというと、フロントが46-33t スプロケは10-33tです。LOWが1.00なんですね。

ルーベは、軽いギヤでまわすことができましたので、楽ちんだったのかもしれません

あとは、バイクの重量です。Viper105が約10kg。ルーベは7kgです。3kgが聞くのかわかりませんが。。。。

ルーベはあっちゃこっちゃ、カーボンです。サドルシートまでカーボン。こりゃーすごい。

S-works ルーベ

なめらか

明かにルーベはなめらかです。振動吸収が圧倒的です。その分疲れません。

ROVALのホイールがよいのか、抵抗が小さいです。ホイールベアリングがセラミックススピードのたっかいベアリングが入っているようですね。

あとホイールもROVAL CLX32は1200g台。一方、マビックのキシリウムPROは1600g近いです。足回りが軽いと楽なんですね。

クランク

SRAMも50万円オーバーのE-TAPです。駆動系が軽いに決まっています。

特にクランクがカーボンで軽いです。クランクが595gですよ。105は713グラムです。健闘はしていますがね。ちなみにDURAは614gです。

一番まわすクランクが軽ければ楽ちんに走れますね。ケイデンス80から90でまわしますので、1時間で4時間で2万回もまわす分けですから。軽い方が良いです。

結論

当たり前ですが、S-worksルーベの方が楽ちんです。値段が10倍近くしますから、当たり前ですね。

ブルベもルーベ一択でしょう。200km程度ならViperもありですが。300kmまで行くとね。やっぱりルーベでしょうね。

しかし、ホイールがもったいないのでもう少し安い物をかうかもしれません。しかし、予算はどんどんゴルフクラブへ消えていく。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください