ゴルフを再開して1年半 90切りの奇跡

 とうとうスコア89を達成しました。ゴルフを再開して、1年半で90台を出すことができました。

場所は、岐阜のとあるゴルフ場です。コロナが怖いので父とスループレーでランドしました。平日でもあり、お客は少なくしかも年配の方々ばかりで、ほぼ全員がワクチンを受けているであろう方々です。お年寄りが真夏の炎天下で、しかもコロナ罹患していてプレーできるワケがありません。ということで、コロナ対策は万全です。完璧ではありませんが。。。。

ちなみに、コースは短めで、前半はあまりドライバーを使いませんでした。が、テーラーのM1レスキューの調子がいまいちで、中盤は、ドライバーで軽く打つことで対応しました。本球だと軽く打っても、SIMなら270ヤードは行きますので、問題ありません。

トリプルボギーはありましたが、ボギーとかダボとかが多く大叩きをしませんでした。OBがあっても2打目が調子がよく、4年2組(4オン2パット)でなんとかおさめておりました。

 

 また、短い距離も調子がよく、近くて遠いグリーンとはならず、3オンが結構できていました。

 最終ホールでは、ここでパーで上がれば、89というシーンで、300ヤードドライブ。グリーンそばに付けて、寄せで奇跡の50cm以内のパット。なんなく決めて、見事89を達成しました。

 人生初の89台です。ルールは、アマチュアならではのありましたが、(例えば、石がむき出しの裸地は、クラブが壊れるので回避、)今度は、可能な限り競技ゴルフなみのルールで80台を出してみたいものです。

ちなみに、問題はパット。1パットは、一回もありませんでした。50cmのパットも外すしまつ。近くまでは行きますが、どうしても、2打目が入らず、3パットも多くありました。

グリーンがうねりまくっており、難しいグリーンでしたが、芝が長めで重いので、距離感がつかめない私には、もってこいでしたが。

ということで、課題はやはりパット。ショットは安定してきたので、パットをもう少し上手くならないといけませんね。

1m以内のパットは決められるように。

ということで、パターにまたもや散財してしまいました。

続きは次のコラムにて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください