ランドクルーザー300 致命的な部分が、、、、

ランクル300に試乗してきました。ガソリンエンジンはまだ試乗していませんが、評判の高いディーゼルエンジンのランクルを試乗しました。(試乗動画は撮れていませんが)新型にちょっと興奮しています。しかし、、、一つ気になる点が。

すごいぞ!ディーゼルエンジン

久々のディーゼルエンジンです。V6ディーゼルエンジンは、昔のディーゼルとは別格。めちゃめちゃ静かだし、これまた速いです。エンジン音も、加速すると昔の4.2リッターの1HZと似ています。懐かしい音がします。ちょっと甲高くなめらなかなエンジン音ですね。

ランクル300 フロントマスク

乗り味最高!

 また、車重が相当軽くなったようです。200との比較で200KGもシェイプアップ。サスペンションも違うのか、ラダーフレーム特有の重厚な感じがしません。実に軽快です。街乗りで運転が楽ちんですね。 ミッションが10速になったのもよい効果なのかもしれません。とにかく、街中の運転でも疲れません。

 

最高のおもてなし

内装は、椅子が大きくなったかな?ランクル200と比較した感じでは、そんなような気がします。胴長短足の私でも、ゆったり座ることができました。

また200は、天井に頭がつきます。室内は低いです。私がデカすぎるので。ランクル300は、頭がつかなかったような気がします。もちろん70はつきません

インパネ類のデザインも素晴らしです。しかし、ワケのわからないスイッチ類が好きな私としては、スイッチが少なくてちょっと残念。スイッチ類が多いと、飛行機のコックピットみたいでかっこいいです。使いづらくてもよいと考えます。なので、最終型のランクル200が好きです。

ランクル300

安全性もぬかりなく

安全装置類もばっちり。これは当たり前か。追尾型のクルーズコントロールは、もはや必須ですね。

また、がっちりシャーシに高剛性ボディーです。よっぽどのことがない限り、命の安全は守れそうです。

ランクル300

音が最高

ZXモデルは、なんとJBLのオーディオシステムが導入されているとのこと。ラジオを効いてみましたが、めちゃめちゃよい音響でした。昔はマークレビンソンだったわけですが、どうなんでしょうね。

下手なシステムを組むより音がよいでしょう。あこがれのJBL。ボーズよりJBL派だったので、本気でうらやましい限りです。

私のランクル200の前期ZXも音がよいのですが。どこのスピーカーなんでしょうね?パイオニアかな?だれか教えてください。

超経済的

税金も安く、燃費も良さそうなので、経済的ですが、のりだしが900万円を超えそうだし。でも、

リセールがよいですから。5年のっても、それほど価格は低下しないでしょうね。

私のランクル200だって、新車価格は600万で、現在300万です。10年ですよ。10年300万で、こんな快適な車を乗れれば最高です。

エンジンもディーゼルエンジンです。経済的ですね。

ランクル300

車高調がない

一つだけ致命的な部分があります。それは、車高調整ができなくなりました。車高が高いランクルは乗り降りの時、大変です。車高を低くすることで、乗り降りが格段に楽になります。

また、洗車の時やタイヤ交換の時は、車高を上げるなど。非常に便利でした。

この機能がなくなってしまったことが、非常に残念。

ランクル200の時も、車高調整がなくなって、ZXで復活しました。ランクル300も復活することを望みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください