我が家の薪小屋

2020年2月上旬。とうとう、薪小屋3号の薪がそこをついてしまいました。

薪小屋3号は、幅4m、奥行き1.5m、高さ2m程度の大型薪小屋です。ぱんぱんに積んでいませんでした。

限界まで積んでいなかった 軽トラ5杯分。おそらく7杯は入る

暖冬ですので、1シーズン持つかな?と考えましたが甘かったようです。

等々薪小屋1号にも手を出してしまいました。

まぁ、十分な薪ストックがあるわけで心配はしておりませんが。

我が家は、薪小屋が1号、2号、3号(2019年新築)4号(現在は廃止)があります。

1号は、幅4m、奥行き1.2m、高さ2m、容量9.0m3

2号は、幅2m、奥行き1.2m、高さ1.8m、容量4.0m3

3号は、幅4m、奥行き1.5m、高さ2.0m 容量12.0m3 2020は10.0m3の貯蓄

薪小屋3号 2019新築

合計、23m3ほどあるわけです。

その他離れの薪ストックヤードビニールハウスに2年分の薪がストックされて入ります。

ここのビニールハウスで乾燥を進めます。春に薪割と昨年割った薪を自宅に運搬します。

2019年の冬は、寒い冬でしたので薪不足となり、1号、2号では容量が足りませんでした。

そこで2019の春に薪小屋3号を新築した訳です。

本当は、すべての薪を自宅において、すこしでも薪運びのロスを軽減したいところですが。

残念

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください