S-works購入思案中 パート2

ブルベ

 ブルベは、人間にも機材にも負担がかかります。雨(雨は出場をやめます)だから、安い機材で十分との指南本やネット情報があります。私も同感です。がしかし、私の場合、仕事が忙しいので普段からトレーニングができません。通勤程度でしょうか?通勤も冬になると通勤できない日が多く、自転車のトレーニングを行うのには、厳しい条件下にあります。なので、ブルベの200kmや300km~を達成しようとすると、体力的に厳しくマシーンに頼るしかありません。またマシーンの快適性が求められます。そんなもの、鍛えろっておしかりを受けますが、人それぞれのペースとかライフスタイルとかありますので、難しいです。

WILIER ZERO9

 このバイクは、大変良いバイクです。軽いし踏めば進みます。ホイールもマビックのキシリウムに変えました。しかし、一度ブルベに出場しましたが、後半脚が全く残りませんでした。へろへろになりながら何とか200kmを完走しました。やっぱりこのバイクは、前傾も厳しいし硬いし、ヒルクライムとかレース用バイクなんだと実感しました。100kmまでの速く走るバイクです。

車にたとえるなら、イタリアンなスポーツカー、アルファロメオ的なバイクですかね。フェラーリはコルナゴですな

アルファロメオ 4C
アルファロメオ4C
アルファロメオ 4C

BASSO Viper105

 長距離走るならクロモリは最高です。200km出場もなんなくクリアーしました。とにかく脚がのこり、まだまだいけそうでした。がしかし、100kmを超えてくると、体幹のない私は、どうしてもハンドルに寄りかかります。そーすると、クロモリのためものすごい振動がつたわってしまい、いつも手が痛くなってしまいます。痛くなるを通り越して、しびれすら発生します。また、ブレーキもリムブレーキですので、体重オーバーの私には、全然ブレーキが効きません。雨の日も走るブルベでは、ブレーキ性能向上が必須です。

 これも車にたとえるなら、なんだろ?よくわかりません。

BASSO Viper105

本当はイタリアンが好き

 WILIERとかコルナゴとか、イタリアンが大好きな私。車もアメ車よりイタ車に魅力を感じます。アメリカンバイクはデザインがちょっと。バイクもホンダのVF1000Rのトリコロールカラーが溜まらなく好きで所有していました。

イタリア ドカティ

 アメリカンどこか好きになれない。あと、一応日本ではメジャーバイクですので、スペシャとかTREKは結構多く、人と違うバイクに乗りたいところですが。

WILIER

 WILIERは,シマノのパーツ、カーボンは三菱レーヨンとメイドインジャパンなので、やっぱりWILIERが欲しいのですが、サイズがありません。そして私が求めるブルベ性能が高いバイクがありません。レース、ヒルクライムバイクばかりです。WILIER CENTO10NDRは、振動吸収性能が高いようですが、ルーベほどではありません。パリルーベで勝っていないし。

TREK

 TREKは、ドマーネという振動吸収バイクがあります。一時期本気で購入を考えました。結局通勤用バイクが壊れて、TrekのMTB、プロキャリバー9.6を購入しました。ががが、しかし、プロキャリバー9.6は、謎のカーボン割れにより乗ることができなくなってしまいました。写真判定により、なにか強い衝撃を受けたとの解析結果でしたが、なにかにぶつけた記憶もないし、会社にもほとんど乗っていっておりません。納得できずメーカーにメールしましたが、担当者を決めました的な一度だけ返信がありましたが、その後音沙汰がありません。生涯保証???ハードルが高いです。

TREKは、GIANTに作ってもらっています。カーボンは、独自の規格ですので、どこのカーボンを使っているのでしょうか?品質不明ですね。

TREK プロキャリバー9.6
trek プロキャリバー9.6
ヒビが入ったカーボン

Specialized スペシャライズド

 スペシャライズドもメリダに作ってもらっています。カーボンもどこのものを使っているか不明です。好評しておりませんので、独自のカーボンシートを使っているのでしょう。日本の東レとか三菱であれば、信頼性は高いのですが。ちなみに、WILIERは結構ぶつけておりますが、致命的な亀裂は発見されておりません。

 しかし、これまでスペシャに乗ったことがありませんので、私には品質をどうのこうの言う資格はありません。乗ってみるしかありません。

S-works ルーベ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください