S-works購入思案中 パート3

Speciakized Roubeixスペシャライズド ルーベ

 このバイクは、パリルーベで7勝も挙げているバイクです。振動吸収では敵無しのバイクですね。一度、試乗しましたが、本当に砂利道でも振動が少ないです。ルーベスポーツは、私の手にかかる荷重が多すぎたのか、リバウンド量が不足していましが。しかしながらS-worksの油圧のフューチャーショック2は大丈夫でした。

S-works ルーベ

 フューチャーショック2が付属するのは、ルーベエキスパートかS-worksしかありません。困りました。高いバイクしか残りません。

S-works

 結局、サイズがあるのは、S-worksしかありません。私のサイズは58です。エキスパートは56サイズです。安いスポーツでも良いのですが、すでに58サイズはありません。61サイズはあるのですが、胴長短足の私には、シートポストが低くなり、ハンドルが高くなるママチャリのようなバイクになってしまいます。

 S-worksのフレームを購入し、バラ組で買う選択もありますが、アルテグラで変な安物のホイールで組んでも、70万近くになってしまいます。

 であれば、完組のS-worksのetapのほうが遙かにお買い得です。

 ちなみ、70万のS-worksは、ワイヤー引きのアルテ、ハンドルは安物アルミ。ホイールは1800グラムのてっちんです。

 一方、完組のルーベは、36万のetapと16万のカーボンクランク+パワーメータ付き、ホイールは、30万のロバールCLX32です。ハンドルは3万もするカーボン。これだけで100万近くしてしまいます。

たまに乗るスーパーカー

 S-worksは、たまにのるスーパーカーとして考えます。普段味わえない感覚を、普段と違う日常を味わいたい。普段、ものすごいストレスのなか働いている私としては、非日常を求めます。また車が好きな40代後半のおじさんとしては、本当はイタリアンスーパーカーが欲しいのですが。生活がありますので購入できません。中古のランクル200が限界です。このランクル200でさえ日曜日しか乗ることができません。

100万以上を投入するのか?

 昭和生まれとしては、最高級っていう言葉に弱いです。ほどほどというものは、選択肢にない。ランクル200もZX最高級グレードです。最高級グレードっというモノに執着してしまいます。どうせかうなら。自分が欲しいものを、全力で自分に投資する。こんな考えが好きなんです。

 私、酒、タバコ、ギャンブル、女一切やりません。普段も、お昼はカップラーメンと米、夜は50円の豆腐と納豆です。普段の生活にお金がかかりません。

でも、それなりの稼ぎがなければ、購入することはできません。普段の生活にゆとりがあるから購入できるわけです。明日食べる金に困っている人は、やっぱり厳しいですよね。100万円のバイクは。自転車の購入は経済的には投資ではなく確実に浪費です。確実に価値は下がります。購入した瞬間50万の価値もありません。ただし、経済的価値として表せない価値すなわちモチベーションが上がるとか精神の安定とか、体力の増強とか、自分へのプラス作用も確実に働きます。

ルーベ2020を購入するのか?

 100万オーバーのルーベを購入する予定です。現行ですが、58サイズは売れ残っており、少しお得に購入することができます。本当は、シマノが良かったのですが、SRAMしかありませんので致し方ありません。MTBでSRAMの良さは実感しておりますので、Etapも期待が持てます。

 でもね、、、、70万のS-works アルテ仕様でも良いのでは?と思うのですが、どうしても色が嫌だ。チームというフレームもありますが、80万近くなってしまいます。であれば、完成車を購入した方が遙かにお得です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください