薪ストーブ ネスターのS43

時は2020年2月。暖冬だった北の街にも、とうとう冬将軍がやって参りました。2月に入り突然寒くなってきております。マイナス10度近くまで下がります。

犬も外に出たがりません。

こんな中、すばらしい仕事をしてくれるのが、我が家の薪ストーブネスターマーチンのS43(NESTORMARTIN)です。

薪ストーブを導入して、早8年くらいですか。最初に入れたのはドブレだったんですが、途中からネスターの虜になってしまいました。以下にネスターのすごいところをまとめます。原理が間違っているかもしれませんが、素人ユーザーの主観として記載させていただきます。正解は、メーカーサイトを参考にしてください。

ネスターマーチンS43の特長は、限界まで空気を絞れるということです。いわゆる密閉性が他のストーブより高い。密閉性が高いとどのような効果があるのか?

針葉樹も燃やせます。

燃えやすい針葉樹、スギ、マツも燃やすことができます。スギやマツは、一気に燃えますので、炉内の温度が上昇しすぎて変形が発生してしまうのですが、空気を絞ることにより燃焼温度を下げることができます。まぁ、私はスギやマツは燃やしませんが・・・・

一番は、燃焼時間が長いということです。

薪の乾燥状態や煙突の2重管などの条件が必要になると思われますが、とにかく燃焼時間が長いです。夜10時に薪をたっぷり放りこんで、レバーを1くらいまで、あと煙突のレバー(キャブレターみたいな廃棄調整)も絞る排気を通りにくく熱を逃げないようにします。

そうすると、朝の7時まで熾きが残ります。まじめに。これまで最大10時間も熾きが残っていたこともありました。嘘はつきません。触媒なしのモデルですよ。触媒モデルのダッジやらアンコールなんかは、長時間燃焼時間を可能としているようですが、触媒の定期的な交換や破損が報告されていります。

ネスターはそれら面倒なシステムはありません。クリーンバーンに近いでも違う多時燃焼方式というシステムらしいです。システムはよくわかりませんが、とにかく燃焼時間が長いです。

燃焼時間が長いとどうなの?

 燃焼時間が長いということは薪の消費量が少ないということです。あと、ずっと薪ストーブが暖かいですから、当然ながら家の中も暖かいということですわな。

我が家は、木造で薪ストーブに適した、中気密の家ですので、すきま風だらけ。端は寒いですが、2階とか薪ストーブ付近は暖かいです。犬も薪ストーブの前から離れません。

 かなり広い家、リビングだけで30畳近くあり、仕切りのドアがない家ですので、これだけの空間を暖めるには相当な熱量が必要なわけですが、薪ストーブ1本で寒い北の街の冬を過ごし切れています。

というわけで、ネスターを購入して大変満足。高かったけど間違いない薪ストーブですよ。

ちなみに我が家のネスターの諸元は以下の通りです。

モデル名:S43 B-TOPバージョン(料理ができます)

最大出力:12040キロカロリー

燃焼効率:80%

暖房面積:45畳(我が家も45畳)

ネスターマーチン素晴らしい仕事をしますよ。

夜11時、薪を満載してねる。
限界まで絞る。1以下にするとくすぶるので、1程度まで
朝8時の炉内の状況
薪を投入
空気全開モード
復活!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください